ルピシアだより 2015年10月号
チェック
MATCHAWAY 〜ルピシア新流儀〜 MATCHAWAY 〜ルピシア新流儀〜

一日の始まりや、仕事や家事の合間、食後の口直しに。まるでコーヒーを飲むような気軽さで、抹茶を一杯。そんな全く新しい、手軽で自由な抹茶スタイル「MATCHAWAY」を始めてみませんか?

NYの朝が変わった!

ニューヨーク・マンハッタン――。この世界一忙しく、エネルギッシュな街を象徴する朝の風景といえば、コーヒー片手に颯爽と歩く人々の姿。朝のコーヒーショップには、どこも出勤前のビジネスマンで長蛇の列ができています。

そんなニューヨークの朝に、今、ある変化が起きているのをご存知でしょうか?それが、モーニングコーヒーならぬ、モーニングマッチャ。朝、立ち寄ったカフェで、コーヒー代わりに抹茶のストレートやラテをオーダー。それを片手にオフィスや学校へと向かうのが、新たなニューヨークスタイルとして広がり始めているのです。

抹茶でエナジーチャージ!?

ここ最近、ニューヨークには、抹茶専門のカフェが続々とオープン。エスプレッソ感覚で楽しむ抹茶ショットや、豆乳やアーモンドミルクを使った抹茶ラテ、抹茶のジュース割りなど日本にはない新しいアレンジのメニューが提供され、店内は賑わいを見せています。

これほどまでにニューヨーカーを夢中にする抹茶。その理由を探ろうと現地へ飛び立ったルピシアのスタッフは、カフェで抹茶を楽しんでいる人々のリアルな声を聞いてみることに。すると、抹茶の味や香りそのものに対する評価もさることながら、特に多かったのは、抹茶のカフェインに注目する声でした。
「コーヒーも好きだけど、飲みすぎるとカフェインで気分が悪くなってしまうから、コーヒーよりもカフェインの作用が緩やかな抹茶に変えたのよ」
「抹茶を飲むとカフェインのおかげでシャキッと元気になれる。だからここ一番という時に、エナジードリンクとして飲んでいるんだ」

ええっ、抹茶がエナジードリンク!?これには、私たちスタッフもびっくり!抹茶=茶道のイメージが強い日本人にとって、抹茶は自分自身と向き合いながら静々と味わう、どちらかというと内省的な飲み物。ところが、ニューヨーカーはそれとは真逆の発想で、抹茶をコーヒーやエナジードリンクのように元気の出る飲み物、つまり外向きのパワーとして捉えていたからです。

抹茶は最新スーパーフード

実際、抹茶は茶葉そのものを粉末にし、お湯に溶いて飲むので、多くのカフェインを摂取できます。いれ方にもよりますが、100ml中のカフェイン量を比較すると、コーヒーよりも抹茶の方が多いことは、意外と知られていません。

一方で抹茶には、旨みや甘み成分であるアミノ酸の一種、テアニンも豊富。テアニンには、カフェインの興奮作用を抑制し、リラックスさせる働きがあります。そのため、抹茶を飲むとコーヒーほどの刺激を受けずに、マイルドな覚醒効果が得られるというわけです。

しかも前述の通り、茶葉を丸ごと飲む抹茶は、葉に含まれる栄養を余すことなく摂れるのがポイント。抗酸化作用のあるカテキンや各種ビタミン、不溶性の食物繊維もしっかり摂取できるとあって、健康志向の高いニューヨーカーたちの間で話題が沸騰。あのキャメロン・ディアスやアマンダ・サイフリッドといったハリウッド女優たちも抹茶のとりこなのだとか。今や抹茶は、「美容と健康に良いスーパーフード」として、世界中でブームになりつつあります。

抹茶とコーヒー、100ml中に含まれる主な成分

抹茶をもっと手軽にもっと自由に

歴史ある日本の抹茶が、海外の人々の自由な発想によって、新しいイメージに変わっていく。ニューヨークでそんなダイナミズムを目の当たりにしたルピシアのスタッフは、抹茶の可能性に大興奮!作法にのっとって静かに味わう伝統的な抹茶も素敵だけれど、目覚めの一杯や気分転換したい時に、コーヒー感覚で気軽に抹茶を楽しんだっていいはず!そんな新しい抹茶スタイルにぴったりの新商品「MATCHAWAY(マッチャウェイ)」をご紹介します。

茶筅いらずの本格抹茶 MATCHAWAY