ルピシアだより 2017年1月号
チェック
活き活きと美しくありたい 国産モリンガ茶 活き活きと美しくありたい 国産モリンガ茶

インドや東南アジアでは野菜やハーブとして親しまれているモリンガ(Moringa oleifera)。亜熱帯から熱帯にかけての、雨量が少なく痩せた土地でも育つため、アフリカ諸国をはじめ世界各地で栽培がすすめられています。

注目のハーブ

地球上に20万から30万以上あると言われる植物の中で、現在もっとも注目を集めている栽培種の代表が、インド原産のモリンガ。奇跡の木、薬箱の木、命の木など、その性質や有用性を表す、様々な別名を持っています。

各種ビタミンやアミノ酸、ミネラルなど90種類以上の成分が含まれ、葉や実はもちろん、花や根まで食用に利用されることや、その種は美容効果のある油脂を含むだけでなく、汚水を浄化する効果があるなど、一般的なハーブや野菜の枠を超えた植物です。

日本では九州・沖縄地方でわずかに栽培されるモリンガ。ルピシアは自然に近い環境で育てた沖縄産の素材のみを使用。仕上げにこだわり香ばしく焙煎することで、毎日、おいしく飲み続けられる風味を実現しました。

煎りたてのトウモロコシに似た、ほのかに甘く優しい後味はクセになるおいしさ。ノンカフェインだからいつでも楽しめます。

体の中からググッとみなぎる活き活きとしたエナジーと、体を内側からスッキリとキレイにする美容作用はモリンガ茶ならではのもの。自然体でリラックスしながら、全身を錆びないようにサポートしてくれるなど、おいしく飲み続けるだけで良いことがいっぱいです。

※妊娠中の方は医師にご相談ください。

※取り扱い店舗については、こちらをご覧いただくか、お客様相談窓口0120-11-2636にお問い合わせください。