日本新茶 2017

今年も日本各地より、新茶が続々と到着です!今だけしか味わえない摘みたての新茶をぜひご堪能ください。

香りのよろこび「釜炒り新茶」
産地から選ぶ
産地から選ぶ
埼玉・狭山
埼玉・狭山

国内の大規模な産地としては、北限に位置する狭山。比較的寒冷な土地で育つ茶葉は、肉厚でコクのある味わい。伝統の「狭山火入れ」と呼ばれる強い火入れで香り高く仕上げます。

商品一覧はこちら >
滋賀・朝宮
滋賀・朝宮

滋賀県甲賀市の朝宮地区は、焼き物で有名な信楽町内にある産地で、国内有数の昼夜の寒暖差が激しい地域で、「山の香気」と呼ばれる爽やかな香りのお茶ができます。

商品一覧はこちら >
静岡・本山
静岡・本山

現在、全国生産量の約4割を占める日本最大のお茶産地、静岡。明治維新のころ、旧幕臣などによって開墾されたさまざまな地域で、その土地の自然環境を生かしたお茶が作られています。

商品一覧はこちら >
京都・宇治
京都・宇治

言わずと知れた日本茶を代表するブランド産地。蒸して揉む日本式煎茶と、玉露の製法の発祥地でもあります。上質な煎茶、玉露、碾茶(てんちゃ=抹茶の原料)の代表的産地です。

商品一覧はこちら >
奈良・月ヶ瀬
奈良・月ヶ瀬

空海が唐から茶の種子を持ち帰り植えた時(806年頃)からの歴史を持つ、自然豊かなお茶産地。生産されるお茶のほとんどがかぶせ茶(煎茶と玉露の中間的なお茶)です。

商品一覧はこちら >
和歌山・白浜
和歌山・白浜

世界遺産・熊野古道に隣接する、清流・日置川沿いにある白浜町で栽培されるお茶です。山間の傾斜地で日照時間も短く、昼夜の温度差が大きく朝霧の発生する地域で、高級茶産地の特徴を備えています。

商品一覧はこちら >
福岡・八女
福岡・八女

宇治と並ぶ古い歴史を持つお茶産地。日本有数の玉露の産地でもあります。良質なお茶の栽培に適した風土で、量より質を重視したお茶作りをしています。

商品一覧はこちら >
佐賀・嬉野
佐賀・嬉野

霧深い山々に囲まれ、温泉地としても有名な嬉野は、玉緑茶の国内最大の産地。名人が仕上げたこだわりの新茶は、渋みの少ないすっきりとした味わいです。

商品一覧はこちら >
宮崎・高千穂
宮崎・高千穂

日本神話の舞台としても有名な宮崎県高千穂地方は、隣接する五ヶ瀬と同様に、古くから釜炒り茶産地として知られています。季節や昼夜の寒暖差が大きく霧が立ちやすいため、良質なお茶の生育に適しています。

商品一覧はこちら >
宮崎・五ヶ瀬
宮崎・五ヶ瀬

日本最南端のスキー場がある五ヶ瀬町は、朝夕の寒暖差が激しく、霧が立ちやすい地域。その気候条件と人の手が加えられていない自然なままの土壌が、上質なお茶を育みます。

商品一覧はこちら >
鹿児島・知覧
鹿児島・知覧

九州最大のお茶処・鹿児島は、静岡に次いで全国2位の生産量を誇ります。見渡す限りに広がる大茶園で摘まれる茶葉は、さわやかな香りと甘みが特徴です。

商品一覧はこちら >
鹿児島・枕崎
鹿児島・枕崎

カツオの町として有名な枕崎は、全国茶品評会で産地賞に輝くなど、お茶づくりでも評価の高い産地。温暖な気候を生かし、早生(わせ)から晩生(おくて)品種まで多様な品種を栽培しています。

商品一覧はこちら >
種子島
種子島

100年前に静岡から生産者が移住して以来の歴史があり、最も早い新茶の産地として知られています。伝統の浅蒸し製法で作られる新茶は、じんわりと広がる甘みが特徴です。

商品一覧はこちら >
屋久島
屋久島

九州最高峰の宮之浦岳(1936m)をはじめ、1500m以上の山々がそびえる山の島。昼夜の寒暖差と立ちこめる深い霧、清らかな水が、良質な茶葉を育みます。

商品一覧はこちら >
商品一覧
近畿
宇治新茶 おくみどり 2017
長い伝統に培われた宇治茶ならではの深い甘み・香りを堪能いただける、非常に京都らしい珠玉の新茶です。
完売御礼
宇治本簀玉露新茶 2017
江戸時代の製法を今に受け継ぐ、最高級の玉露。甘露と呼ぶにふさわしい、極上の深い甘み。
九州
静岡・埼玉
本山釜炒り茶 香寿
静岡・本山の高橋達次さんが作る釜炒り茶。世界でも類を見ない、みずみずしい葡萄のような香りが特徴です。
屋久島・種子島
屋久島新茶 さえみどり 2017
まろやかで上品な舌ざわりと豊かな甘み。春の訪れを感じる屋久島の深蒸し新茶です。
屋久島新茶 あさつゆ 2017
青く抜けるような香りに生産者のこだわりを感じます。大自然の恵みが生きた風味豊かな一番茶。
種子島新茶 くりたわせ 2017
春野菜に似たほろ苦く甘い味わいと爽やかな余韻。新芽の芽吹きを感じる、おすすめの一番茶です。
今年の新茶を厳選してブレンドしました
ご好評につき、「6539 鹿児島新茶 2017」「6548 新茶 深蒸し 2017 200g 特別パッケージ入」は完売いたしました。
日本新茶の贈りもの
ルピシアだより4月号・5月号掲載の 「D751 一番新茶のご挨拶 2017」、ルピシアだより4月号掲載の 「D770 茶器とお茶 薫(かおり)」、ルピシアだより5月号掲載の 「E755 日本茶とお茶請け 葵(あおい)」 、ルピシアだより6月号掲載の「F761 旬のお茶2種 極み」は完売いたしました。

※旬のお茶は産地直接買い付けのため、発売時期など変更になる場合がございます。
※茶葉写真は参考イメージです。
※通信販売にて新茶を含む商品をご購入の場合、発売日以降にまとめてのお届けとなります。

あわせておすすめ
茶実