一年で「いちばん甘い」オータムナルを楽しむ

一年で「いちばん甘い」オータムナルを楽しむ
ダージリン オータムナル プレミアム
ダージリン オータムナル プレミアム
NEW 数量限定
おすすめの秋摘みブレンド
秋摘み紅茶らしい豊かな甘みと華やかな香り立ち。バランスのとれた気品のある風味のプレミアムブレンド。
茶園ごとの味わいをお楽しみください
マーガレッツホープMARGARET'S HOPE, FTGFOP1 2017-DJ252
マーガレッツホープ茶園1865年創設、ダージリン中央のクルセオンタウン近郊に位置します。標高915〜1,830m。茶園名はかつてのイギリス人オーナー、Mr. Cruikshankの娘の名前に因んでいます。この茶園を愛していたオーナーの娘マーガレットは、祖国での結婚のために茶園を去ることになりました。この茶園に戻ってきたいと強く願いながらも、帰国の船上で亡くなった彼女の思い出に、1927年に茶園名が旧来のBara-RingtongからMargaret's Hopeと変えられました。深い奥行きのある中国種の正統派ダージリンを最も得意とする茶園ですが、近年クローナルでも抜きんでた品質のお茶作りをしています。
マーガレッツホープ, 2017-DJ252
NEW 数量限定
アルフォンソマンゴーを思わせる甘く優美な香り立ちに、心地よい風味の余韻が広がるダージリン秋摘み紅茶。
タルボTHURBO, FTGFOP1 2017-DJ334
タルボ茶園1872年創設の有名茶園。ネパール国境に隣接する広大な丘陵地帯、ミリクに位置しており、標高762〜1,890mという起伏の激しいエリアにある、ダージリンの中でも最大規模の面積を持つ茶園です。茶園名は、かつてネパールからの侵攻があった際に軍営が置かれていたことから、「テント(Tombu)」という言葉が変化したものだと言われています。芳しい花の香りのクローナルの茶葉や、個性的な焙煎で甘く香り立つ中国種のロットで世界的に有名です。
タルボ, 2017-DJ334
NEW 数量限定
果実香溢れる烏龍茶のように、奥深く絡み合う熟した甘い風味。名園によるダージリン秋摘み紅茶。
シーヨクSEEYOK, FTGFOP1 2017-DJ96
シーヨク茶園別名スプリングバレー(春の谷)とも呼ばれている、インドとネパールの国境近くに位置する茶園。特に夏摘みに定評がありますが、年間を通して高い品質のお茶作りをすることで世界的にも知られている、実力派の茶園です。標高1,100mを超える茶園の近辺にはトレッキングコースもあり、自然豊かな環境に囲まれています。
シーヨク, 2017-DJ96
NEW 数量限定
完熟したぶどうを思わせる深い香り立ち。繊細な甘みに秋摘みらしい旬を感じるエレガントなダージリン紅茶。
ネパール
スペシャルティージュンチヤバリ オータムベルJUN CHIYABARI AUTUMN BELLS 2017-J209
ジュンチヤバリ茶園2001年創業の新しい茶園です。標高は1,650〜2,200m。ネパール語でJUNは「満月」、CHIYABARIは「茶園」を意味します。茶園には100%クローナル種の若い茶樹が栽培されており、若々しいエネルギーを感じるお茶が作られています。作付面積が小さく、年間生産量も25トンとわずかですが、紅茶のほか、緑茶、烏龍茶、白茶など様々なお茶作りにチャレンジしている茶園です。
ジュンチヤバリ オータムベル, 2017-J209
NEW 数量限定
立ち上る力強く華やかな芳香、鐘の音が鳴り響くような余韻。ネパールの名園が作った珠玉の秋摘み紅茶。
カンチェンジュンガKANCHANJANGHA, SFTGFOP1 2017-KJ35
カンチェンジュンガ茶園1984年創設、ネパールの東端パンチタール郡の標高1,200〜2,500mの高所に広がる茶園。エベレスト、K2に次いで世界第3位の高さを誇るヒマラヤ山脈の主峰、カンチェンジュンガの裾野にあることからその名がつけられました。
カンチェンジュンガ, 2017-KJ35
NEW 数量限定
蘭を思わせるオリエンタルな花香に重なる、円熟した甘美な風味が印象的なネパールの秋摘み紅茶。
サキーラSAKHIRA, SFTGFOP1 2017-SK373
サキーラ茶園ネパールの東端、世界的な紅茶産地であるダージリンに国境を隔てて面している、イラム地方にある茶園です。
標高約1,000〜1,500mの高所に位置するため霧が発生しやすく、雨量などの気象条件もダージリンと似ているため、香り高い高品質なオーソドックスタイプの茶葉を作ることで定評のある茶園です。
サキーラ, 2017-SK373
NEW 数量限定
みずみずしく元気な風味とほのかな甘み、華やかな香りが調和します。ネパールの高山から届いた秋摘み紅茶。
ミストバレーMIST VALLEY, SFTGFOP1 2017-EX56
ミストバレー茶園ネパールの東端、世界的な紅茶産地であるダージリンに国境を隔てて面している、イラム郡にある茶園です。この茶園があるジットプールという村は霧が発生しやすく、「霧の谷(ミストバレー)」と呼ばれたことから、この茶園もミストバレーと名づけられました。1989年に創設された比較的新しい茶園ではありますが、気象条件にも恵まれており、高品質な茶葉を産しています。近年にはヨーロッパなどにも輸出され始め、その品質への評価を高めている茶園です。
ミストバレー, 2017-EX56
NEW 数量限定
朝摘みの果実を思わせる爽やかな風味。体にすっとなじむ味わいの、均整のとれたネパールの秋摘み紅茶。
シッキム
テミTEMI, FTGFOP1 2017-SK154
テミ茶園シッキム州にある唯一の茶園であるテミ茶園は、1969年に160ヘクタールほどの森林を切り開いて始まりました。現在茶園は230ヘクタールほどで規模としては大きくありませんが、そのほとんどのエリアで選抜されたクローナルや、中国種の茶樹が植えられています。年間生産量は紅茶が80〜100トン、緑茶も10トンほど作られています。現在は州政府が管理する官営の茶園となっています。
テミ, 2017-SK154
NEW 数量限定
ヒマラヤのふもとシッキムの高山から。清々しい香りと深みが調和する上質な風味の秋摘み紅茶。
お砂糖を加えても美味
紅茶のお砂糖 for ダージリン
ルピシアが選んだ紅茶によく合うお砂糖です。上品で柔らかな味わいが、繊細なダージリンの香りを引き立てます。
490円

※表示価格はすべて税込価格です。贈りものにおすすめの缶入りもございます。※缶代を別途¥260いただいております。
旬のお茶は、産地直接買い付け・直送品のため、発売時期などが変更になる場合がございます。ご了承ください。

ルピシアでは今後、ネパール、シッキム以外にも紹介されることが少ないインドや世界の紅茶産地のお茶を、
旬のタイミングを中心に随時紹介していく予定です。どうぞご期待ください。
ダージリン オータムナルとは?
「いちばん甘い」ダージリン

ダージリンは世界中の紅茶ファンを魅了する、ヒマラヤ山脈の麓に広がる高級紅茶の名産地です。特に旬を迎えるファーストフラッシュ=春摘み、セカンドフラッシュ=夏摘み、オータムナル=秋摘み紅茶は、それぞれが個性豊かで格別な風味。そして、その3つの旬の中で、いちばん甘く円熟した味わいになるのが、今回お届けするオータムナルです。

オータムナルは、どうして甘みが際立つのでしょう。それは冷涼で乾いた秋の気候によって、甘み成分が茶葉に凝縮されるから。高地・ダージリンならではの厳しい環境が、おいしい紅茶を生み出しているのです。

高級な印象を受けがちなダージリン紅茶ですが、比較的お求めやすい価格なのもオータムナルのうれしいポイントです。じんわりと広がる甘い余韻に浸りながら、冬のティータイムをゆっくり楽しみませんか。

ダージリン3つの季節
関連イベント
台湾冬摘み烏龍茶&ダージリン オータムナル 特別試飲会