利休の美意識の原点は、はたしてどこにあるのか?その一点に向かって、ストーリーは、切腹当日から、前日、15日前、ひと月前と時系列をさかのぼり、ついには19歳の利休(与四郎)にまで戻る。考え抜かれた構成に加え、章ごとに利休、秀吉、織部、家康と語り手がかわり、ラストまで一気に読ませる。これこそ、小説の醍醐味といえる作品。第140回直木賞受賞。

商品番号: LB027
品名: 利休にたずねよ
価格:
カートに追加
商品に関するお問い合わせ 0120-11-0383
ご案内・ご注意
※数量限定
商品仕様
■サイズ/四六判上製
  • 【書籍】 利休にたずねよ