インド・ダージリンの現状について

国内でも一部報道されていますが、セカンドフラッシュの収穫ピークを迎えた6月前半から、インド・ダージリンでは政治的対立を背景に、すべての茶園および公共サービスなどがストライキに入り、お茶の収穫などの作業ができなくなりました。2017年7月5日現在、事態は解決していません。

今年、ルピシアでご案内を予定していたダージリン セカンドフラッシュにつきましては、ストライキ前に収穫された茶葉の中から最良のものを確保しております。こちら全国のルピシアの店頭および通信販売にて7月25日にお届けする予定です。

ルピシアはお茶専門店として創業以来、現地の生産者らとの関係を一歩一歩築いてきました。ダージリンの状況が好転し、一日でも早く平穏な日々が訪れるよう、ささやかながら願うばかりです。

※現地の情勢などについては、ルピシアのウェブサイトやSNSで随時お知らせいたします。



2017年7月6日 株式会社ルピシア



>>>