チェック
おいしい、ヘルシー、きれい!みんなのルイボス おいしい、ヘルシー、きれい!みんなのルイボス

美容と健康にいいハーブティーとして、近年、人気が高まっているルイボス。お子様からご年配の方まで、男女を問わず愛されるルイボスの魅力とは?

»「ルイボス3つの魅力」はこちら

南アフリカ発のお茶ルイボスとは?

最近、街中でも目にする機会が増えてきたルイボス。今、日本や欧米で人気が急上昇しているのをご存知ですか?

「お茶」といっても、ルイボスは紅茶などとは異なるマメ科の植物。南アフリカ・セダルバーグ山脈の高原地帯に自生しており、その不思議な健康パワーを知る先住民によって「不老長寿の飲み物」として古くから飲み継がれてきました。

現在でも南アフリカでは大変ポピュラーな飲み物。赤ちゃんからシニアまで、幅広い世代に日常的に愛飲されています。

特集:赤い藪(やぶ)の奇跡 ルイボス
奇跡のお茶の魅力をとことんクローズアップ(ルピシアだより2014年8月号)

料理、美容、育児にも!生活に根づいた万能茶

南アフリカでは、オランダ・英国による植民地時代の名残で紅茶代わりに親しまれてきたルイボスですが、現在、ヘルシーなお茶として改めて注目を集めています。美容のため毎日たっぷり飲む女性や、カフェインを摂りすぎないようルイボスを常飲する男性も増えているとか。

驚くことに、ルイボスは料理やスキンケア、育児などにも大活躍! 特に育児では「乳児にはミルク、水、ルイボス」と、やさしい飲み物として南アフリカのお母さんたちからも信頼を寄せられています。

特集:親子で楽しむルイボスティー
パパとママ、キッズの元気を応援!(ルピシアだより2014年3月号)

「体にうれしい」を毎日チャージ!
ルイボス3つの魅力

現在、日本や欧米でも、健康や美容への関心が高い女性を中心に、着々とファンを増やしているルイボス。その魅力は一体どこにあるのでしょうか。

Point 1.
抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富

体内の細胞を酸化させる活性酸素は、増えすぎると若々しさの妨げになるやっかいなもの。この活性酸素を抑える働きを抗酸化作用と呼ぶのですが、ルイボスには抗酸化作用のあるポリフェノールの一種、「ケルセチン」が豊富に含まれているんです。

そんなルイボスの持つ「錆びない力」は、美容や健康に関心の高い女性やアクティブシニアたちの間で大きな話題に。また、健康な体づくりに欠かせないナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルもバランス良く含まれているので、育ち盛りのお子様の水分補給にもぴったりです。

Point 2.
体にやさしいノンカフェイン

カフェインを全く含まないルイボスは、小さなお子様はもちろん、妊娠・授乳中の方にもおすすめです。最近では、「胃に負担をかけたくない」「眠れなくなるので、夕方以降はカフェインを控えたい」といった理由でルイボスを選ぶ方も。熱中症が増える夏場、カフェインを気にせず、たっぷり水分補給できるのは心強いですよね。

Point 3.
すっきりおいしい飲み飽きない風味

ほのかに甘みのある、すっきりとした後味のルイボスは、口の中をさっぱりとさせてくれるので、ラーメンや唐揚げなど脂っこい食事とも好相性。男性にも支持される理由の一つです。

清涼感の増すアイスティーは麦茶感覚で毎日の水分補給に、ホットティーは気分によってミルクやレモン、甘みを加えてというように、幅広い楽しみ方ができるのもルイボスの魅力です。

選べるおいしさ、11種類 ルイボスのある暮らし