香る旬、今年は特に貴重!ニルギリ紅茶

ニルギリ紅茶
こだわりのオリジナルブレンド マスカットやピーチ、ユーカリのような驚きの香り
[1871] カイルベッタ ウインターフロストは完売いたしました。
旬らしい香り立ち、甘くやさしい余韻
[1873] クインショラは完売いたしました。
いつでも味わえる定番のニルギリ紅茶
ニルギリ・ブロークン
おだやかな口当たりの、南インド・ニルギリ紅茶のブレンド。
ニルギリ
穏やかな風味の中にほのかな柑橘系の香り。南インド・ニルギリの紅茶をバランスよくブレンドしました。
ティーブレイク
渋みの少ないニルギリ紅茶をベースにした、やわらかく優しい風味のブレンドです。
旬のニルギリ紅茶にぴったりのスイーツ&ギフトセット 生詰 檸檬蜜 サクサクのスティックパイが新登場
ルピシアだより4月号掲載の、[UK321]スピラル ナチュレル、[UK322]スピラル ニルギリ紅茶 は完売いたしました。
ニルギリ紅茶とお菓子の詰め合わせ
ルピシアだより4月号掲載の、[D771]紅茶とスイーツ「ティータイム」 は完売いたしました。
ニルギリ紅茶とは?
青い山「ニルギリ」
世界遺産にも登録されているインド・西ガーツ山脈。 数ある紅茶の産地に先駆けて、いち早く旬を迎えるニルギリは、スリランカの西側に位置する南インドの紅茶産地です。ニルギリとは現地の言葉で「青い山」を意味し、延長1600kmにわたる西ガーツ山脈が連なる美しい山岳地帯。毎年1〜2月頃に育つ茶葉は、モンスーンの影響を受け、冷たく乾いた風に当たることでぎゅっと風味が凝縮し高品質で香り高い旬の紅茶が生まれます。
貴重な出会い
今年はモンスーンが吹かない地域が多く、各地で例年にない乾燥を記録したため、高品質なお茶はごくわずか。しかし、1月下旬の霜が降りるほどの最も寒い時期に摘まれたカイルベッタ茶園の「ウインターフロスト(冬の霜)」は絶品中の絶品です。トップクラスのダージリン春摘み紅茶にも引けを取らない、感動的な香り立ちの良さと口いっぱいに広がる生き生きとした味わいの素晴らしいお茶に仕上がりました。
レモンや季節のフルーツで
旬の香りを詰め込んだオリジナルブレンドは、まずストレートで味わっていただきたいのはもちろんのこと、甘み豊かで渋みが少ないので、とても爽やかなレモンティーも楽しめます。いれたてのお茶に薄くスライスしたレモンを入れ、2〜3回かき混ぜて取り出してください。お好みで砂糖を加えても美味です。
さらにニルギリ紅茶は、レモンやオレンジなどの柑橘系以外のフルーツとも好相性。おすすめなのは青リンゴやイチゴといった香りが強く甘酸っぱい季節のフルーツです。レモンと同じようにスライスして入れるだけで、季節感たっぷりのおいしいアレンジティーが出来上がります。
通年でお取り扱いしている、飲みやすいニルギリブレンド2種もこの機会にぜひお試しください。
新茶の季節を迎えたニルギリの茶園風景

旬のお茶は産地直接買い付けのため、発売時期などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

▲TOPへ戻る