茶葉選びに迷った方はこちら

茶葉の形に注目

おいしいミルクティーを作るには、茶葉の選び方とそれぞれの茶葉に適したミルクの量がポイントです。

小さな粒状のCTCタイプの茶葉や、細かくカットされたブロークンタイプの茶葉は、紅茶の味を濃く抽出できるのが特徴。ミルクをたっぷり入れて濃厚な味わいを楽しむのに向いています。

一方、茶葉の形を残したまま仕上げたフルリーフタイプの茶葉は、繊細でまろやかな味わい。少量のミルクを入れて、

ライトな飲み心地を味わうのに向いています。

この冬は、茶葉選びやミルクの量にもこだわって、ミルクティーを作ってみませんか。マシュマロなどをトッピングして、アレンジを楽しむのもおすすめです。

※CTCとは、茶葉を細かく砕き、裂いて丸めた紅茶のこと。Crush, Tear and Curlの略。

茶葉量の目安

「基本のミルクティー」の作り方

基本のミルクティー イメージ

作り方
(1杯分:150ml)

1.
ポットとカップにお湯を入れ、しっかりと温めておきます。
Step.1
2.
「おいしいいれ方の目安」の上限の茶葉の量と浸出時間で蒸らします。
ストレートで飲む時より、濃いめに浸出するのがポイント!
Step.2
3.
2.をカップに注ぎ、お好みで5~15mlほどミルクを加えます。
ミルク量の目安
小さじ1杯=5ml
小さじ2杯=10ml
大さじ1杯=15ml
Step.3

紅茶とミルクを1:1で注ぐ、リッチで奥深い味わい
「濃厚ミルクティー」の作り方

濃厚ミルクティー イメージ

作り方
(2杯分:300ml)

1.
ポットとカップにお湯を入れ、しっかりと温めておきます。
Step.1
2.
耐熱容器に150mlのミルクを注ぎ、電子レンジで1分加熱します。
※加熱時間は500~600Wの電子レンジを使用するときの目安です。
Step.2
3.
ポットに通常の2.5倍の量の茶葉(6〜9g)を入れ、150mlの熱湯で少し長めに蒸らします。
「おいしいいれ方の目安」の上限時間で蒸らすのがおすすめ。
Step.3
4.
手順の2と3をカップに
1:1で注げば、できあがり!
Step.4

茶葉の風味をしっかり抽出
「煮出し式ミルクティー」の作り方

煮出し式ミルクティー イメージ

作り方
(2杯分:300ml)

1.
鍋に80mlを入れて火にかけ、沸騰したら火を止め、茶葉を約8g入れ、2~3分煮出します。
Step.1
2.
牛乳220mlを入れて火にかけ、沸騰する寸前で火を止めます。鍋のまわりに細かい泡が出てくる頃が目安です。
Step.2
3.
茶こしで茶葉をこしながらカップに注ぎ、できあがり!
Step.3

焙じ茶やルイボスなど紅茶以外にもミルクティー向きの茶葉をご紹介!
いろいろなお茶で楽しむミルクティー