ルピシア 台湾冬摘み烏龍茶

おいしさ、ぎゅっと凝縮 ルピシア 台湾冬摘み烏龍茶

あたたかな湯気とともに立ち上る華やかな香り。喉元をすっと通り抜ける清らかな感覚と甘い余韻。今年も、極上の台湾冬摘み烏龍茶が到着しました。

今年の味わいは?

冬は台湾茶が一段とおいしくなる季節。低温の中、ゆっくりと成長した肉厚な茶葉には、甘みや香りがぎゅっと凝縮するからです。

中でも今年、濃密な甘みが際立ったのが阿里山金萱(アリサンキンセン)。絹のようになめらかな上質感のある味わいです。また、フルーティーな香りと甘い余韻が魅力の杉林渓(サンリンシー)も絶品。高山茶ファンの方に、自信を持っておすすめします。

自分でいれる贅沢

近年、台湾発のティースタンドが日本にも続々オープンするなど、何かと話題の台湾茶。目に触れる機会は増えているものの、自分で茶葉からいれるのは難しそうだと感じていませんか?

でも実は、台湾茶のいれ方はとっても簡単。いつもの急須でおいしくいれられます。コツは小さめの急須を使うこと。急須の中で茶葉が一気に開かず、お湯を注ぎ足すたびに少しずつ開くので何煎も楽しめます。

ここで注目したいのが、1煎目、2煎目、3煎目と変化していく味や香り。同じ茶葉からどうしてこんなに多彩な風味が引き出されるのかと驚くと同時に、次はどんな表情を見せてくれるのだろうとワクワクするはずです。まるでお茶との会話を楽しむようにゆったりと過ごす一日は、自分でいれるからこそ体験できる贅沢な時間。皆さんも、この冬から、気軽に始めてみませんか?

極上を味わう高山茶
華崗烏龍 極品 冬摘み
数量限定 通販・ベルエポック限定
緑茶を思わせる凛とした味わい
森林のような清々しい香りと緑茶にも似た青く凛とした味わい。注目の名産地から届いた至極の高山茶。
ご好評につき、「6248 華崗烏龍 極品 清香 冬摘み」「6250 梨山烏龍 極品 冬摘み」「6251 阿里山烏龍 特級 清香 冬摘み」「6252 杉林渓烏龍 極品 冬摘み」「6255 合歓山金萱 特級 冬摘み」「6256 阿里山金萱 特級 冬摘み」は完売いたしました。

※旬のお茶は気象条件などの諸事情により、発売時期などが変更になる場合がございます。ご了承ください。