釜炒り茶

釜炒り茶

釜入り茶は15世紀頃に中国から伝来したのが起源です。現代の日本茶は蒸し製が主流ですが、釜入り茶は生葉を炒って作ります。 炒ることで引き出される茶葉本来の豊かな香りに「釜香(かまか)」と呼ばれる特有の香りが加わり、香ばしくすっきりとした味わいに仕上がります。 蒸し製に比べ大変な手間と技術を必要とするため、今では日本で1%未満しか生産されていない希少品です。

8 件の商品が見つかりました。